プロフィール

Tammy(UZUKI)

Author:Tammy(UZUKI)
エステ留学サポート『タミーズハート』の代表の卯月多美子です。
元セラピストである卯月がバリ島現地で、実際にスクールの視察をし、インドネシア政府認定の優れたスパスクールだけをご紹介。
最新のバリエステ留学情報をお届けします。
癒しのバリ島は、五感で学べる、真のセラピストを目指す最高の舞台!バリに癒されながら、本格エステ技術を学びませんか?
4つのスクールからあなたの目的になったスクールやコースアレンジをご提案します。
留学準備から現地での留学生活まで安心サポート。
日本語で相談・ご連絡どうぞ。日本語できる現地スタッフがお手伝いしています。

≫ バリエステ留学サポート『タミーズハート』HPはこちら

ライン無料通話相談ID:uzukibali
スカイプ無通話相談ID:uzukita
現地電話:0878 6076 8023

カテゴリ

お気軽にメール下さい。

下記フォームへ入力し〔確認〕ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

HPからのお問い合わせ

タミーズハートの無料相談・お問い合わせへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お寺の誕生日「ODALAN」に行って来ました。

Desyです。こんにちは。

今週の夕方に、私は家族と田舎へ行きました。田舎の家のお寺の「ODALAN(オダラン)」があって、「ODALAN」とはお寺の誕生日と言う意味です。お祈りは夜8時に始めます。

5_20141127122212d9e.jpg
7.jpg
田舎にあるお寺という意味の「MERAJAN」です。

お父さんの実家の田舎に到着してから、「KEBAYA(クバヤ)」というお祈り服に着替え、準備できたら、「MERAJAN」へ行きます。家族たちは一緒に行って、おばさん、おじさん、いとこ、姪たち、皆田舎に集まりました。「PEMANGKU」を待ちながら、花と線香を準備した。「PEMANGKU」は、直訳するとお祈りの案内人(お坊さん)と言う意味です。

4_20141127122213b7b.jpg
「MERAJAN」の前で皆でお祈りしています。

お祈りを終わってから、皆は晩御飯を食べます。メニューは焼き鳥とサンバルとご飯などです。お供え物を入れる「BANTEN」の中にある食べ物は「LUNGSURAN」と言います。バリ人にとって、「LUNGSURAN」を食べたら、気分が良くなって、神様に祝福をもらった感じです。果物とバリのケーキを食べて、いっぱい食べ物がありますから、家族たちと一緒に話したり、笑ったり、うれしいひと時です。親戚は別々の場所に住んでいるから、祭りのある時しか会ません。

2_20141127122144a17.jpg 1_20141127122144621.jpg
お供え物は皆で喜んでいただきます。

今日はとても楽しかった。私は10時半に家へ帰りました。

卯月コメント
バリ人の各家庭には、家寺があり、毎朝、玄関をはじめ、数十か所お線香をたき、道端でも、お祈りの光景があります。
そして、お寺の建立記念祭「オダラン」は、各家庭でも行われ、日々の生活に祈りがあります。

その祈る仕草に出会うと、ハットする美しい、人間の内面をみるような一瞬を感じます。手の指先に花を持ち、頭上高く捧げて、おでこの上のほうで両手を合わせ、背筋が天に伸びるような感じ・・・・。
どうぞ、こちらの「バリ・ヒンドゥー祈り方ブログ記事」の写真もご覧になってみて下さいね。

このようなバリ島の伝統文化にも、是非、触れて頂けたらいいなと思っています。
りんりんりん・・・、お坊さんが鳴らす鈴が、青空の下だったり、静寂な暗闇の空間だったり、屋外で響き渡るその音色は、お線香の煙と一緒に風にのって広がり、身が清めらるた気分になってみたり、バリダンスに、ガムラン音楽など、色んな体験・体感が楽しめると思うのです。
スポンサーサイト

生徒さんと一緒のシュノーケリングが楽しい

こんにちは、デシです。
今月の日曜日、スパスクールに通う生徒のYさんとシュノーケリングに行きました。場所は「SERANGAN(スラガン島)」です。ここは、空港やサヌールから車15分、バリスパトレーニングセンターから車10分と近いです。バナナボート、ダイビング、サーフィンなどマリンスポーツができる小さな島で、バイパスから橋でつながっています。
海はとてもきれい、海風も気持ちいい。
初めてするので、嬉しくなりました。最初は料金の交渉から始まって、二人でRp 600.000と言われ、私はバリ人なので、安くしてと結局400,000ルピアになりましたよ。


3_20140926155204333.jpg 4.jpg

ジュクンと言うボートに乗って、ガイドさんはシュノーケリングポイントに案内してくれました。ボートの上から、きれいな海をみえるし、いっぱい写真を撮りました。

1.jpg 2.jpg

ポイントに到着した後で、ライフジャケットをきて、水中めがねかけて準備した。ゆっくり海に入って、ガイドさんに手伝ってもらいました。海の中はきれいな色んな魚、サンゴ礁が見えて、魚のえさやりは楽しかった。海は透明度抜群!残念、私たちは水の中で使えるカメラを持っていませんでした。

6.jpg 5.jpg

シュノーケリングは1時間ぐらい、疲れても、面白かった。少しボートに酔ったので、早めにビーチ戻りました。印象深いのは、仲良くなった日本人のYさんと一緒に初体験のシュノーケリングできたことです。この後二人でバイクに乗って、ランチしに行きました。楽しい想い出ありがとう。

卯月コメント
スラガン島は、道路で繋がっていて、すぐに到着するので、島という感じはしないかな・・・。観光客は少なく、サーフィンされる方には人気があるようですが、海水浴も楽しいところ。ビーチ沿いにはワルンが数件あり、イカンバカール(魚の炭火焼)が手頃な料金で美味しい。クタビーチの賑やかさが苦手な方や、透明感ある海で泳ぎたい方にはおすすめ。海に夕日が沈む方角ではないですが、ちょっと涼みにいくのもいい感じ。流しや、待ちのタクシーはないと思いますので、ご注意下さいね。
シュノーケルの料金交渉は、人数が増えると安くなるかもです。

Deviの日記一覧

2011/09/05Jamu Spa School での経験
2011/09/06Jamu Spa Schoolでの経験2
2011/09/07今日の私の1日
2011/09/08おいしい ミーの紹介
2011/09/09バリのおすすめお菓子

| ホーム |


 ホーム