プロフィール

Tammy(UZUKI)

Author:Tammy(UZUKI)
エステ留学サポート『タミーズハート』の代表の卯月多美子です。
元セラピストである卯月がバリ島現地で、実際にスクールの視察をし、インドネシア政府認定の優れたスパスクールだけをご紹介。
最新のバリエステ留学情報をお届けします。
癒しのバリ島は、五感で学べる、真のセラピストを目指す最高の舞台!バリに癒されながら、本格エステ技術を学びませんか?
4つのスクールからあなたの目的になったスクールやコースアレンジをご提案します。
留学準備から現地での留学生活まで安心サポート。
日本語で相談・ご連絡どうぞ。日本語できる現地スタッフがお手伝いしています。

≫ バリエステ留学サポート『タミーズハート』HPはこちら

ライン無料通話相談ID:uzukibali
スカイプ無通話相談ID:uzukita
現地電話:0878 6076 8023

カテゴリ

お気軽にメール下さい。

下記フォームへ入力し〔確認〕ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

HPからのお問い合わせ

タミーズハートの無料相談・お問い合わせへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

バリ島から近い「ぺ二ダ島&レンボンガン島」へいかが?

おはようございます!(^∇^)

私は、スパスクールの卒業生徒さんで仲良くなった日本人と一緒に1泊2日の旅行をしました。
美しいエメラルドグリーンの海と南国ならではの花のように鮮やかなサンゴ礁や熱帯魚がいっぱいの「ペ二ダ島」と「レンボンガン島」です。

<ルート>

1日目 8:30サヌール→ペニダ島着(スピードボートで50分)

2日目 10:00ペニダ島→レンボガン島着(ジュングバトゥビーチ)
     16:30レンボガン島(船着場:Jungut Batu)→サヌール
    (スピードボートで所要時間30~40分程)
   
どちらか1つの島だけなら、バリ島から日帰りできる近さなので、スクール休みの週末に楽しむ事ができますね。

今回行ったところは:

スリルある、崖の上から眺める絶景「Broken Beach」
自然にできた天使の水溜りという名前の「Angel's Billabong」
サンゴ礁と熱帯魚がいっぱいのビーチ「Crystal Bay」
ホテル&レストラン併設のビーチ「Dearm Beach」
悪魔の涙と言う名前のド迫力の波を見る「Devil's Tear


<ボートのチケット>
このウェブサイトで探しました。電話で買うことができます。

http://www.mola-molaexpress.balipromotion.net/

(ペニダ島行 モラモラエクスプレス)

あと、ボート乗り場のビーチ入口付近に、Mandiri銀行のATMBOXがあって、そのすぐ横に、ボートのチケット売り場もあります。サヌール→ペニダ島の片道20万ルピア、サヌール→レンボガン島の片道20万ルピアで、往復チケットは40万ルピア(4,000円弱)でした。
 チケット売り場

他には、サヌール街中のコンビニ前や商店街の道路沿いなど至るところにあるツアーインフォメーションでもボートチケットを購入できます。ためしに、サヌールのシンドゥ市場近くで、グッドマッサージ店のななめ向かい側にあったツアーインフォメーションでレンボガン島行のボートチケット料金を尋ねてみました。サヌールエリア内からボート乗り場までのピックアップサービス付きで往復45万ルピア、人数が4人なら一人往復35万ルピア(約3000円)に割引OKと聞きましたが、ボートにより船着場が異なりますので、事前に上陸したい場所の下調べがおすすめ。

<ボート乗り場>
サヌールのバイバス沿いにあるダンキンドーナツ店をビーチ方面へ曲がる。
真っ直ぐ車1、2分程進んだら、上記写真のMandiri銀行看板あたりで車をおります。海が目の前で、左手側に少しすすむと、各ボート会社ごとに、テントが並んであり、椅子もあって座って待つことができます。

◆1日目.ペ二ダ島
私たちのボートはペニダ島のサンパラ港に着きました。
事前に予約していたドライバーさんがもう待ってました。
一日車チャーターでペニダ島観光して、翌日はホテル→サンパラ港まで送ってもらい、七十万ルピア支払いました。

このウェブサイトでドライバーさんを探しました。
https://www.tripadvisor.co.id/Attraction_Review-g2538506-d11717483-Reviews-Transport_Tours_Nusa_Penida-Nusa_Penida_Bali.html

ぺ二ダに一泊『Coco Resort ココリゾート』に泊まりました。
伝統的な建築様式で1階にシングルベット2つ、中2階にシングルベット2つあって、建物が1つ1つ独立して建つバンガロータイプの4人部屋を予約しました。

ステキなプールがあって、夕食後ここで4人で色々おしゃべりが楽しかった。タオル、シャンプー、リンス、石鹸、ドライヤー、WIFIありましたよ。夕食時と翌朝に停電がありました。停電よくあるみたいですから携帯電話の充電は早めがおすすめ。
coco resort 1coco resort
ここには、レストランがあります。
朝ごはんと夜ご飯はホテル内のレストランで美味しく食べました。


最初はBrokenビーチへ行きました。
とてもきれいなところです。その時私たちは三匹マンタがゆうゆうと泳ぐのを見ました。
水の透明感があって真っ青でとてもきれいでした。
Brokenビーチの隣にAngel's Billabong があります。

Broken beach


Angel's Billabong
Angel's Billabongに大きな岩があり、波で自然に削られた天然のプールのような水溜りになっています。ここで、数人の外国人の人たちが泳いでいました。
でも、遊泳禁止の看板があり。時々波が大きいだから危ないです。波にさらわれ亡くなった人がいます。
私たちは、泳がなかったけど、ドライバーさんに手を引いてもらって、波しぶきがかかる所から離れた崖下まで怖いけど降りてみました。ほんとに、天使の涙のような美しさでした。

Anggels Billabong 2

Crystal Bay
次に、Crystal Bayへ行きました。ここで私たちは夕日が沈むまでシュノーケリングをしました。
海の中はサンゴ礁がいっぱいで花が咲いているようにとてもきれいです。カラフルなサンゴと魚がいっぱい。
私は初めてのシュノーケリングをしました。
ドキドキしたけど、楽しかった。

ここでシュノーケリングセットのレンタルができます。
船に乗らなくても、砂浜からほんの少し海に入っただけで、青、黄色、赤、色々な魚を見ることができました。

シュノーケルポイントを数ヶ所回るボートもありました。4人の場合、一人20万ルピア(シュノーケリングの道具付)。二人だともっと高くなるかもしれません。

Cristal beach 2
Cristal beach 1

2日目.レンボンガンへ
ぺ二ダからレンボンガン(Jungut Batu)迄ボートで15分で到着。 料金は、現地交渉で6人乗り小型モーターボートの貸切で35万ルピアを払いました

レンボガン島には、いくつかの船着場があって、私たちが帰りの予約したサヌール行きスピードボートは、レンボンガン島のJungut Batuビーチ発だったので、Jungut Batuまで行きました。

Fune.jpg
そして、心配ないように、帰りのボート「サヌールエクスプレス」のチェックインカウンターのところを探して、リコンファームしました。これで安心して遊べますね。

レンボガン島では、現地交渉で、船でシュノーケリングポイントを回るツアー付の1日車チャーターをしました。たしか、100万ルピア支払いましたよ。
シュノーケルの船は、私たちの他に、数人のお客さんがいて、船がシュノーケルポイントにつくと、自分たちで海に入ります。

もっと料金の高いシュノーケルツアーなら、海の中でもシュノーケルのガイドがついて、より安心になると思います。
FB_IMG_1502764965726.jpgFB_IMG_1503293847847.jpg


それから、Dreamビーチのレストランで少し遅いランチをしました。
ビューは素晴らしいです。海はコバルトブルーで輝いてました。

dream-beach-nusa-lembongan.jpgDream beach
このレストランでは、イタリアン料理を食べました。
ピザとスパゲッティはとてもおいしいですよ~

最後にDevil's Tear へ行きました。
ここでは、迫力ある荒波をみる事ができます。
波が来て水しぶきが飛ぶと時虹が見えました。

Devils tear (2)

ボートは4時30分発だから、少し早めの4時にボートのところに行って、ちゃんと座ることができました。
そしたら、出発ギリギリになって、10人もの団体の外国人が乗ってきて、後ろの席は、ぎゅうぎゅう詰めでしたよ。
サヌールに無事到着、心配した船酔いもなく、うれしいな~

留意事項
天候不順で、ボートが揺れる、ボートが出発しないときもあります。
特に雨季は、スケジュールに余裕をもってお出掛け下さいね。


卯月コメント
とにかくステキな体験満載でまた行きたい~と思う反面が・・・、(>_<)(>_<)という事もありました。
1つは、ペニダ島の悪路。
デコボコ道が半端なく、ドライバーさんの運転の技術がとわれるかと。船着場からホテルまでの道は舗装されていてましたが、ホテルからBrokenビーチへ向かう、約50分の道のりは、舗装されておらず、凸凹があまりにつらく、気持ち悪くなり、車を止めてもらい数分休憩をいれた程でした。どうぞ、体調万全でお出掛け下さいませ(食後も避けたほうがいいかもです)。

かなり楽しみにしていたのは!?
天然のプール「Angel's Billabong」で泳ぐことでしたが、「遊泳禁止」とは知らず・・・(>_<)。私たちの時は、波も穏やか(に見え)、数人の外国人観光客の方が泳いでいて、泳ぐき満々でしたが、同行のドライバーさんに強く止められました。


ちょうど、泳いでいた一人の外国人が、Angel's Billabongの波うち際で手を広げ写真撮影。私たちのドライバーさんが、大声をあげ、小さな小石を投げて、必死にとめてました。穏やかに見えても、突然大きな波がきて、さらわれ亡くなっている人がいるから・・・と。岩場に波があたる波うち際からの眺めが最高なので、ドライバーさんの注意がなければ、同じことしていたかも・・・。くれぐれも安全第一で楽しみましょう。

予想外に感動したのは!Crystal Bay
ここに到着したのが、16:00頃。もう、シュノーケルのボートは夕暮れ前で出せないと。そして、バリ島から持参した自前のシュノーケルセットが大活躍!
膝ぐらいの深さでも、びっくりするような美しいサンゴ礁のじゅうたんが一面広がり、たくさんの熱帯、同じみ「ニモ」や「タツノオトシゴ」もみました。
珊瑚が、花のように、咲き誇っているような見事さで長い間見とれてましたが、足がつく深さなので、安心。マリンシューズを履いていたので、足のケガなく、救命胴衣も着用(バリ島で購入持参)で楽しみました。

たぶん、用具はすべて、現地ビーチでレンタル出来るかと思います。足ひれ、シュノーケル1セット5万~10万ルピア。ですが、今回わざわざ購入持参したのはわけがあります。レンタルの場合、シュノーケルの歯でかむシリコン部分が取れかかっている事があり、口に塩水がはいり、ゆっくり楽しめないのを避けるため(前回の教訓より(^^; )。ですので、よく確認して、良さそうなのを選んでくださいね


レンボガン島の感想
ドリームランドのレストランのイタリアン(ピザとパスタ)が予想外に⁉とっても美味しくいただきました。期待せず、そして14時を回った遅めランチでペコペコだったからかもしれっませんが、また食べに行きたいです。しかも、目の前に広がる海、ドリームビーチが本当に美しく、ここで泳ぎたかった!

レンボガン島では、ボートに乗ってシュノーケルをしましたが、貸切でなく10人位が一緒で、船を運転する人一人だけ、海のガイドさんなしの安いツアーのせいか?珊瑚も魚もペニダの半分?ちょっと感動薄かった。一緒に海に入るプライベートガイドさん付なら、ベストポイントへ案内してもらえるかもですね。


ペニダ島は、まだまだ手つかずの自然がいっぱいですが、車やガイドさんの確保がおすすめ。バイクのレンタルという方法もありますが、悪路で、バリ島ほど英語も通じないので、インドネシア語の交渉も出てきそう。
それに比べ、レンボガン島は、ボートの往来も多く、より多くの外国人がお訪れ、レストランやカフェも十分にあって、バリ島とはまた違う、こじんまりのどかな田舎の雰囲気が心を和ませてくれると思います。

短い滞在でしたが、海の美しさ、海の広がり、雄大さをバリ島にいるときより感じました。
ぜひ、皆様にも訪れてほしい冒険できる場所と思います(^o^)。

お一人お一人、皆様に最高のバリ島滞在でありますように




関連記事
スポンサーサイト

バリ島高校訪問&絶景の滝で水浴び

みなさん、こんにちは
エカです。私は、バリ島のクルンクンという所にある高校へ、スパスクールに通う生徒さんと一緒に訪問しました。

P_20170225_102131.jpg

なぜかというと、私の恩師の日本語を教えている先生から、「日本語の授業の時、日本人に来てもらえないかな?」「寿司をつくってみたいです」と連絡をもらいました
そして、スパスクールに通う生徒さんにもその事を伝えたら、一緒に高校へ行って手伝ってくれました。これは、もう数ヶ月前のことですが、とても嬉しく、楽しい経験になりました。先生も高校生もみんなすごく喜んでくれました。

日本語を教える授業に参加しました
私たちが行ったのは土曜日です。スパスクールのRさんは、先生になって日本語を教えてくれました

直接高校生に日本語で色々なことを質問しました。
みんな、はい、はいと手を挙げて、答えてくれた人にチョコレートのお土産をプレゼン!

FB_IMG_1502854136492.jpg 
高校生はみんな頑張ています。
日本語の勉強は1時間ぐらいしました。

海苔巻き寿司の作り方を教えた
前の日に、すしの材料をもう準備した。ご飯だけは炊飯器をもって学校で作りました。
日本語の勉強のあとに、すし作りです。
すしの材料はご飯、すし酢、ニンジン、卵、きゅうり、かにかま、海苔です。
高校生はグループをつくって、1グループは5人です。
そして、1グループは二本の海苔巻き寿司を作りました。

まず、私がすしの作り方を高校生に見せました。
私も寿司を作ったことがなかったので、高校訪問の数日前に海苔巻き寿司の作り方を練習していきました
  P_20170225_093700.jpg FB_IMG_1502854103599.jpg
みんな上手ですよ
生徒たちが作った寿司は、他のクラスの先生にもわけて食べてもらいました。
あと、冷たい日本茶も作って、飲みました。美味しかったかな!?

FB_IMG_1502854169480.jpg

私にとって、すしはとてもおいしいです。でも、初めてすしを食べた高校生にとっては、「変な味~」と、びっくりした人もいました。 バリでは海苔や酢はほとんど食べないからです。でも、何度か食べたら、美味しくなると思います。
日本人、高校生はみんな楽しかった。
みんなさん、また会いましょう



秘境Tukad Cepungの滝へ行って
土曜日は午前中で授業が終わり。先生と一緒に、Bangli(バンリ)という所の絶景で評判のTukad Cepungの滝へ行きました

Waterfall.jpg

とても美しい滝でした~
入場料は、寄付なのでいくらでも大丈夫です(^∇^)。
ここは、まだあまり知られていないところです。
駐車場から滝まで歩いて20分ぐらいかかりました。

 Waterfall 2 P_20170225_145536.jpg
滝は山深い中にあるから、少し大変です。木がいっぱい、急な階段や滑る山道、洞窟、道なき道を歩くと着きます。
 FB_IMG_1502854011446.jpg
水はとてもきれいで、ひんやりします。
滝の少し手前の岩場で、水に濡れてもいいTシャツと短パンになって、水浴びしました。滝の水は強いですが、滝に打たれて、身も心もスッキリすると思います。

滝の住所:
Jl. Tembuku, Dusun Penida Kelod, Tembuku, Bangli.


卯月コメント
この日、二人の生徒さんが体調すぐれずキャンセルとなりましたが、19歳のRちゃんが奮闘して下さいました。授業で使う教材を前日に手作り準備、「今日は、何月何日ですか?」など、日本語とローマ字の質問にして、工夫も凝らしてもらって、クラスみんなで盛り上がった授業になりました。本当にありがとうございました。

日本語の授業は選択科目で1週間に1回~2回程度と少ない様ですが、クラス一人一人全員に質問して、全員が日本語で答えてくれ、レベルの高さにびっくり。ここでもバリ島の親日ぶりを感じ、みんなでよく笑った1日になり、一期一会に感謝する日となりました。
スタッフのエカは、高校の授業で一番面白く、よく勉強したのは、日本語!とのこと。高校の恩師である先生は、日本へ行った経験もお持ちで、高校生に言葉を単に教えるというより、日本の魅力や良いところまで、自然に伝わる授業をされているのを感じました。
先生の授業のように、バリニーズマッサージも施術的効果だけでなく、施術を通して、バリの魅力まで手から伝わったら最高ですよね。バリ島全部がそのかけがえのない体験と学びの場になることと思います。
P_20170225_103627.jpg
バリ島全部が学びの舞台 感謝

追伸
日本食をお持ちになるなら、アマノフーズのフリーズドライお味噌汁美味しいですよね⁉ 乾燥おかゆ、乾燥そうめんなどもあり、どれもお湯をいれるだけで本格お味、しかも超軽いです。バリ島に持参されますと、体調がいまいちの時にも重宝するかもしれませんよ。私は、このお味噌汁に時々、癒されています(^o^)。
関連記事

バリ島あれこれお買物情報&交流会

いつもありがとうございます。本当に久しぶりのブログアップになりました。
ブログをご覧下さった方からご心配の声を頂いたりしながら・・・、長らく更新出来ておらず、申し訳ありませんm(__)m。
忙しさを言い訳に、一度ストップしてしまうとダメですね。

バリ島のスパスクールで学ばれている生徒様からも、「過去記事でも参考になったけど、やはり新しい情報があると留学がもっと楽しみになると思います・・・」という貴重なご意見も頂きました。おかげ様で、バリ島では色んな体験ができていますので、また、少しづつアップさせて頂きたく、これからもどうぞ、よろしくお願いします。


早速ですが、昨日、日曜日の近況報告です。
バリサラスワティ校2ヶ月コースのお二人の生徒様と一緒に出掛ける機会がありました!(^^)!。
お土産買いたいです!ということで、まずは、大型スーパーがあるクタへ。

①モル バリ ギャラリア(Mal Bali Galeria) 
旅行のクチコミ フォートラベル サイト
免税店、お土産小物、衣類、靴、バティックなど専門店が集まるショッピングモールで、デパート「マタハリ」や大型スーパーの「ハイパーマート」もあり、生徒さんの多くが、一度は来られるところではないでしょうか。

バリ島のお土産の定番の1つ、唐辛子調味料「サンバル」1本135ml(50円前後)ですが、ここハイパーマートは品ぞろえも豊富。ちなみに、生徒さんは、バリの味「ナシゴレンの素」を購入、帰国したら美味しいバリごはんをご家族に作ってあげたいそうです。ステキですね~。帰国してもバリを身近に楽しんで下さいね。

次に向かったスーパーは 
②ディスカバリー・ショッピングモール 
旅行のクチコミ フォートラベル サイト
日本のSOGOデパートもあり、おしゃれなリゾート着が探せたり、お土産に最適な雑貨店などたくさんのショップが集まっています。
ここは、バリ島一の繁華街周辺なので、ここも一度は来てみて下さいね。
私たちは、ここで、ビーチを眺めながらランチをしました。たくさんのレストランもあって、トリップアドバイザーで人気の飲食店もあるので、下調べしていくのもいいと思います。
ディスカバリー ショッピングモール周辺のグルメ・レストラン  トリップアドバイザー

その他の人気のスーパーは?
バリ島で人気がある大型スーパーといえば「ハイパーマート」「カルフール」、中堅スーパーなら「ハーディース Hardy's」、「ペピート→一部店舗が、ポピュラーに改名」などがあります。あと、意外とおすすめなのが、インドネシア資本のコンビニ系店舗で、個人的には「Indomaret(インドマレット)」がお気に入り、気軽に買えて、毎月値引き商品(店内にチラシ)があり、大型スーパーより安い物もあります。ちなみに、「ミニマート」「サークルK」など日本で同じみの店舗はWIFIサービスがあったりしますが、同商品が高め。

比較的新しいクタの「ビーチウォークショッピング・センター」は、洋服などブランド系の人気店舗が多数、生徒さんたちはデザインが可愛いと評判良く、サンセットが美しいクタビーチの前にあるので、夕方散歩がてらに訪れるのもいいですよね。海に沈む真っ赤で大きく迫力ある夕日を望むことができるかも。その美しさに感動しますよ。

どのスーパーが安い?比較したら・・・。
以前、お土産で人気の「エリップス ヘアビタミン トリートメント 50粒」のお値段チェックしまして、ハイパーマートが一番安く、種類の品揃えも豊富でした。HardysスーパーはRp15,000前後(150円弱)高め、カルフールでRp10,000(100円弱)程高めでした。なので、最初にスーパーの下見を楽しんで、帰国間近になったら購入するのもいいと思います。

ディスカバリーショッピングモールのナンパにご用心
ナンパで有名なところでもあります。上手な日本語で、美味しいごはんの場所教えるねとか声をかけられたり。ほんとお手頃で美味しいので、気を許すことに・・・、面白い話で会話も弾む頃、「シルバーほしい?」「マリンスポーツしたい?」「行きたいとこある?」案内してあげるよ、かわいいから・・・などなど、そう、目的は、車の予約や何かを購入してもらこと。いつもいるので犯罪まがいまではないようですが、観光地での出会いは、ご用心を心掛けて大いに楽しんでくださいね(体験談より(笑))。

ここで、まさかのタクシー事件!
ギャラリアから乗ったタクシーがなんと、メーター稼働していない事に途中で気づき、料金でもめることに。かなりの上乗せ料金を提示され、高い!高い!と値切ったけど、それでも多少高めのような・・・。今回4人でタクシーに乗りましたが、近場移動や人数が多いときにぼったくりに合う確率が高いような気がします。しかも、みんないて、近くだしと思うと、つい油断しがちと思うので、乗車時のメーターチェックお忘れなく。

次は、アプリタクシーの乗車キャンセル!
バリ島でも、最近は、スマホのアプリをダウンロードして利用するタクシーのような「Uber」「Grab」「Go jek」が人気。従来のタクシーより3割程安く、明朗会計で交渉やぼったくり殆どなし、ドライバーの名前・車ナンバー・電話番号がスマホに表示され忘れ物しても連絡つくし、タクシーよりきれい。今では、生徒さんたちも当たり前のように利用されています。

だけど、ディスカバリーのSOGO前から、「Grab」をアプリでオーダーしたところ、キャンセル通知のメールが。100m程移動して再オーダーしても同じくキャンセルされてダメでした。やはり、このエリア難しいのね・・・、心配的中。

なぜキャンセルされるのか?
バリ島は、タクシー会社による縄張りがあるうえ、従来のタクシー各社が「Uber」「Grab」「Go jek」の参入を強く阻止しているエリアがあります。
観光客の多い繁華街、タクシーが乗客待ちしているエリアは、闘争になることもあるらしく、「Uber」「Grab」のドライバーはトラブルを避けオーダーをキャンセルするのかと・・。

ということで、繁華街をさけるため、20分程歩きここならもう大丈夫?と思いきや、なんと頭上に「Uber」「Grab」「Go jek」利用禁止の看板があり・・・(;^_^A アセアセ・・・、さらに15分は歩いたでしょうか、やっと「Grab」を呼ぶことが出来ました。

タクシードライバーのように観光勧誘もうるさくなく、ドライバーの遠回りや渋滞があっても料金が変わることないので安心できます。
なんですが・・・、こんなこともありました。
今のところ「Uber」だけですが、以前利用したとき、表示された料金横に「~カラ」がついていて、今までなかったし、何かな?と不思議に思ったのですが、それは「料金が確定されていない」という意味だったらしく、なんとその日大渋滞にはまり、当初の表示料金の2倍になった事がありました。くれぐれも「~」表示があったらご用心下さいね。また、複数のアプリタクシーをダウンロードして、料金比較してからオーダーするのもありですね。

そして、本命のサヌールへ到着
シルバージュエリーショップ「Sayang」サイト 
生徒さんが、ガイドブックで見て気になっていた・・・という通り、どれもかなり洗練されたデザインで、シルバーのイヤリングがRp110,000(1000円弱)程、小さな天然石付がまたステキで、お値段も手ごろで目を奪われました。
場所は、有名イタリアン「トラットリア」近く、「Nova ダイビング店」隣です。
シルバーは味わい深いやさしさを感じますが、徐々に色が変色して困りますよね。サイトのこちらにお手入れの詳しい紹介もありました。

④タミーズハートのサポートデスクへお立ち寄り
ここで、ちょっとブレイクタイム、フレッシュマンゴーでおもてなし。今頃から徐々に、甘くて、ジューシーなマンゴーが出回り、10月~11月位は、地物でさらに美味しいですよ。これから来られる皆様、お楽しみに。

最後は、毎年ものすご~く人気を集める
⑤第12回サヌールビレッジフェスティバル会場へ
開催期間 8月9日(水)~13日(日)で、最終日でした。
サヌール・ヴィレッジ・フェスティバルインフォメーション
入場無料、期間中はエキシビジョンやビーチでのイベント、特設ステージでのパフォーマンスなどが行われ、サヌール周辺のレストランの味を気軽な料金で楽しめるとあって、ローカルから旅行者まで訪れる人気イベント。

ステージ
出演者、観客一体のステージでした。子供から大人まで、恋人たちも、手拍子、歌、立ち上がって踊ったり、ものすごい人で、数千人という人ですが、思い思いに楽しんでて、インドネシアの素朴な素顔に触れたような、平和や感謝を感じることができた和やかな時間の流れをここで感じました。そして、この特設会場をよくみると、「イスラム」「キリスト」「バリヒンドゥー」「仏教」など各宗教のシンボルが並んで設置されていました。お互いの宗教を尊重しあう精神が根付いているのですね。
ステーキP_20170813_210624_convert_20170816003413
会場は食のフェスティバルもテーマの1つで、人気有名レストランなど100店舗以上が出店、どこも並んで買うほどの大盛況ぶり。そのうちの1つ、サヌールに店舗を構える「ARENA」へ。ここのステーキがほんとに美味しい。もし、バリ島でお肉が食べたくなったら、ぜんたいここがおすすめ!ボリューム感たっぷりキノコいっぱいフォレストステーキ200グラムで1200円前後とリーズナブル。バリのお肉は硬くて食べられない・・・と失敗されたかたも、ここなら柔らく焼き加減もいい感じかと。
サヌールバイバス沿い、マクドナルド近く 「ARENA」HP
わいん2ワイン
バリ島産のワインといえば「HATTEN」。会場内の試飲会でいろいろ味わってきました。バリ島はいかんせんお酒だけは異常に高くボトル1本Rp150,000~。サヌールバイパス沿いに試飲できる直営店もあるので、興味ある方どうぞ行ってみて下さいね。

Hatten Wine HP
Jl. By Pass Ngurah Rai no. 393, Sanur
9:00~20:00
Sanur Village Festival 2017  YouTube


スクールお休みの週末、どうぞ、いろいろな体験を通してバリを感じてみて下さい。。バリ島は感性を豊かにしてくれるバリ島全部が学びの舞台です。ありがとうございました。
関連記事

| ホーム |


 ホーム