プロフィール

Tammy(UZUKI)

Author:Tammy(UZUKI)
エステ留学サポート『タミーズハート』の代表の卯月多美子です。
元セラピストである卯月がバリ島現地で、実際にスクールの視察をし、インドネシア政府認定の優れたスパスクールだけをご紹介。
最新のバリエステ留学情報をお届けします。
癒しのバリ島は、五感で学べる、真のセラピストを目指す最高の舞台!バリに癒されながら、本格エステ技術を学びませんか?
4つのスクールからあなたの目的になったスクールやコースアレンジをご提案します。
留学準備から現地での留学生活まで安心サポート。
日本語で相談・ご連絡どうぞ。日本語できる現地スタッフがお手伝いしています。

≫ バリエステ留学サポート『タミーズハート』HPはこちら

ライン無料通話相談ID:uzukibali
スカイプ無通話相談ID:uzukita
現地電話:0878 6076 8023

カテゴリ

お気軽にメール下さい。

下記フォームへ入力し〔確認〕ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

HPからのお問い合わせ

タミーズハートの無料相談・お問い合わせへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サヌールで買える日本のおやつ

おはようございます、Deviです。天気:晴れ

私は日本の食べものに興味を持っています。それでサヌールにあるDorayaki(どらやき)とGekkoh(ゲッコー)と言う日本のおやつの店へ行きました。どちらもドラえもんに出てくるどらやきがあると聞いてよけい興味を持ちました。しかし、どらやきと言う名前の店は閉まっていました。日本人がやっているのかな?日本語で「帰国しています」と書いてありました
それでもう一つの店へ行きました。そこでまんじゅやだんごなども売っています。しかし、どらやきはもう売り切れていました。残念でしたがみたらし団子を買ってみました。団子は作りおきではなくて十分ほど待ちましたが、注文があってから作るみたいです。温かかったです。あと、お店で偶然あった日本人の方が「電話で注文すると取って置いてくれますよ」と親切に教えてくれました。家へ帰ってからお母さんはだんごを見て、食べてみました。「とてもまずい、しょっぱい」と言われ吃驚しました。こんな美味しいものはしょっぱいと言いますか?!お父さんも食べてみようとしたら、お母さんは「しょっぱい」と言うので、やめました。私が全部食べてしまいました。やっぱり、バリに住んでいる人はしょうゆの味はあまり好きではないと思います。日本の柿の種を食べた時もそうです。しょっぱいなので食べません
じゃ、インドネシア人は甘いもののほうが良いと思います。

CIMG4116.jpg
場所はマクドナルトの向かいにあります。
CIMG4125.jpg
Gekkohは0361 287 450 Jl.By Pass Ngurah Rai No.126
CIMG4130.jpg
3本はRp 13000
みたらしはなぜか糸を引いて、私はゴムみたいと思いました。ちょっと日本のだんごとたれが違うみたいです。

またねぇ

Selamat pagi, Saya Devi. Cuaca hari ini cerah

Saya sangat tertarik dengan makanan Jepang. Oleh karena itu saya pergi ke toko yang menjual makanan Jepang yaitu Dorayaki dan Gekkoh yang ada di Sanur. Yang manapun menjual dorayaki yang sering muncul di doraemon sehingga ketertarikan saya bertambah. Tetapi toko yang bernama Dorayaki sedang tutup. Kayaknya yang punya adalah orang Jepang ya? Ada tulisan "sedang pulang ke negaranya" dalam bahasa Jepang.
Lalu saya pun pergi ke toko yang satu lagi. Di sana dijual manju, dango, dan lain-lain. Tetapi, dorayakinya sudah habis. Sayang baget tetapi akhirnya saya mencoba membeli mitarashi dango. Dangonya tidak langsung tersedia di toko dan kita harus menunggu 10 menit, tetapi sepertinya dango akan dibuat setelah memesan. Jadinya masih hangat loh. Selain itu, ada orang Jepang yang memberitahukan bahwa "Jika memesan lewat telepon, tinggal ambil saja". Setelah saya pulang, ibu saya melihat dango yang saya bawa kemudian mencoba memakannya. Saya terkejut ketika ia mengatakan "Gak enak banget, asin". Dango yang enak begini kok dibilang asin sih?! Ketika ayah saya juga ingin mencobanya, ibu saya mengatakan "Asin itu" sehingga ayah saya tidak jadi memakannya. Akhirnya saya memakan dango tersebut. Ternyata orang yang tinggal di Bali tidak begitu suka dengan rasa shoyu. Ketika memakan kakitane pun demikian. Mereka tidak bisa memakannya karena asin.
Jadi, bagi orang Indonesia, makanan yang manis itu lebih baik

Saos dangonya kenapa lengket ya, saya merasa itu jadi seperti lem. Agak berbeda dengan dango Jepang.

Sampai jumpa
スポンサーサイト

テーマ : バリ島 - ジャンル : 海外情報

<< パパイヤの紹介 | ホーム | バリ島のクリスマス >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。