プロフィール

Tammy(UZUKI)

Author:Tammy(UZUKI)
エステ留学サポート『タミーズハート』の代表の卯月多美子です。
元セラピストである卯月がバリ島現地で、実際にスクールの視察をし、インドネシア政府認定の優れたスパスクールだけをご紹介。
最新のバリエステ留学情報をお届けします。
癒しのバリ島は、五感で学べる、真のセラピストを目指す最高の舞台!バリに癒されながら、本格エステ技術を学びませんか?
4つのスクールからあなたの目的になったスクールやコースアレンジをご提案します。
留学準備から現地での留学生活まで安心サポート。
日本語で相談・ご連絡どうぞ。日本語できる現地スタッフがお手伝いしています。

≫ バリエステ留学サポート『タミーズハート』HPはこちら

ライン無料通話相談ID:uzukibali
スカイプ無通話相談ID:uzukita
現地電話:0878 6076 8023

カテゴリ

お気軽にメール下さい。

下記フォームへ入力し〔確認〕ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

HPからのお問い合わせ

タミーズハートの無料相談・お問い合わせへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

バリ島格安​航空券情報

バリ島(デンパサール空港)までは様々なエアラインが飛んでいます。
それら格安航空券を扱う人気サイトをご紹介します。 旅行会社の窓口では取扱いがない格安航空券が探せます。

バリ島往復チケット料金はいくら

安い順番に航空料金が表示されますので、比較に便利。
◆こちらクリック オンライン旅行会社エクスペディア
※気になる航空券があれば、電話で問合せ、購入もできて便利です。

◆こちらもどうぞ、スカイスキャナー航空券検索サイト。有名です!


Q&Aよくある質問 飛行機編


Qバリ島.深夜0時過ぎの到着又は出発でも大丈夫ですか?

はい、何時ご到着でも、大丈夫です。
どの宿も24時間チェックイン、アウト出来ます。
空港は、明るく最新設備で、治安が悪いと言う事はないと思います。
ご自身の都合や予算にあう、飛行機を予約して下さい。
なお、空港お迎え料金もかなりリーズナブルなので、ご心配なく。

Q.帰りは、いつを帰国日にしたら良いですか?
インドネシアでは、「スクール通学・留学」が目的で入国される場合、ビザ取得が必要となり、その有効期限はバリ島到着日を1日目と数え、「30日間」です。その後30日ごとに延長可能。
つまり、30目目まで出国、60日目まで出国、90日目まで出国・・・と、ビザ有効期限を超えないように出国(ご帰国)下さいませ。

例:30日間有効の観光ビザで入国の場合
バリ島に到着した日が1日目となり(入国スタンプの日付け)、30日目以内が帰国日となります。
もし、1月1日がバリ到着日の場合、最長で1月30日が帰国日となり、もちろん、29日、28日と早目の帰国は自由です。

例:シングル(ソシアル)ビザ取得の場合(2ヶ月以上の留学)
2ヶ月コースの方は、60日目まで出国。
3ヶ月コースの方は、90日目まで出国。
5ヶ月コース(CIBTACコース含む)は、150日目まで出国

バリ島エステ留学の方は、スクール側が保証人(スポンサー)となって、ビザの取得が可能になり、かつ現地で延長ができます。


安い!航空券の予約の仕方について
上記2つの航空券比較サイトで、料金とフライト情報を知りましょう。次に、下記の格安航空券サイトでご紹介の「トラベルコちゃん」も検索。
まずは、この3つのサイトをご覧になってみては、いかがでしょうか?

安くて、ご自身の条件に合った航空券を見つけることができますね。
見つけたら、電話で問合せ・購入も可能です。
旅行会社の窓口購入・問い合わせのほうが簡単・・・ではありますが、ひと手間かけて調べますと、コスト削減できると思います。


★バリ島までのエアライン情報

①大韓航空(韓国・ソウル経由の乗継便)
価格が燃油代込みで往復7万円台前後~と比較的安く、羽田発、成田発、大阪(関空)などがあります。ソウルで数時間待つ。
快適でキレイな空港。半年有効期間があり、帰国便の日時変更ができる(手数料要確認)。
現在、到着時刻は深夜0時前後ですが、空港お迎えは心配ありません。
◆KOREAN AIR公式日本語サイト
こちらです ※格安購入サイトでの購入のほうが安いという場合もあるかもしれません。また、燃油サーチャージは、ガソリン価格により安くなったり、高くなったり、その時により異なっています。

②エアアジア(マレーシア・クアラルンプール経由の乗継便)
早めの購入や、時期によって燃油代込みの往復料金が5万円台~と格安も。羽田発、大阪(関空)発があり(成田~福岡など国内線もあり)。マレーシアで数時間待つ。小さな空港ですが、多数のカフェはあります。到着は昼間でいいが、帰国は早朝になるかも。
◆Air Asia公式日本語サイト クリックしてね
エアアジアのブログ記事
 
③ガルーダインドネシア航空(直行便又はジャカルタ経由の乗継便)
唯一のバリ島までの直行便(約7~8時間のフライト)。羽田発(運休中の模様)、成田発、大阪(関空)発があります。直行便はやや高め。3ヶ月有効は12万円台~(燃油サーチャージ込み)、シーズン(4月~9月)は運賃アップ。短期滞在1ヶ月未満のチケットは10万円以内(サーチャージ込)もあるようです。
◆GarudaIndonesia公式日本語サイトこちらです~
◆ガルーダインドネシアグループツアー会社GOH 見てみましょ

④日本航空、全日空(ジャカルタからバリ島までは国内線利用)
日本の航空会社はバリ島までは飛んでいません。そのため、ジャカルタから、ガルーダ航空、エアアジア、ライオンエアーなど国内線を別途申し込む。国際線から国内線へ乗り換えのため、ジャカルタで荷物を受取り、新たに預けなおす手間がかかる。運賃(燃油サーチャージ)は高め。

⑤シンガポール航空(シンガポール経由の乗継便)
高いサービスで有名。空港も快適設備で乗り換えの待ち時間もゆっくりできる。有効期間が1週間程度の運賃は割安だが、燃油サーチャージは高め。有効期間が長くなると運賃は大幅アップ。

⑥チャイナエアライン(台湾・台北経由の乗継便)
有効期間により料金はだいぶ変わる。10日以内のFIXは運賃が安いが、それを超えると格段安いとは言えないかも。台湾の空港で一夜を過ごすようです。?

⑦タイ国際航空(タイ・バンコク経由の乗継便)
昼間到着ですが、バリ島までの運賃は高め。

⑧中国東方航空(香港経由の乗継便)
格安で調べるとトップに出てくるのがこの飛行機。ですが、条件は良くないようです。例えば、香港で1泊必要だったり、乗換時に荷物受取りが必要だったり、バスで1時間~の空港移動、バリ到着は午前4時などあるようですので、事前に、ご確認下さい。

格安航空 ジェットスター クリックどうぞ!
他社サイトの方が安ければ、その運賃から10%値引きとありましたが!?大阪(関西)⇔バリ島(デンパサール)のみ!


★利用が多いエアラインは?
大韓航空、エアアジア、ガルーダインドネシア航空、マレーシア航空の順でしょうか・・・。

大韓航空が人気の理由!?
手頃な料金で、かつ、現地到着後に帰国日変更が出来る点だと思われます。2015年5月現在、現地での帰国日変更はみなさん、無料で出来ているようです。バリ島の大韓航空オフィスに電話や直接行って変更する、又は、日本の大韓航空に国際電話して変更されているようです。しかし、帰国日変更が有料になる場合もあるかもしれませんので、参考情報です。

2015年春以降、原油価格の値下がりのおかげで、燃油サーチャージかかからない、又はかなり安くなっており、往復5万円代が増えてきたようです。

★フィリピン航空がお得!?
2015年2月フィリピン航空ご利用の生徒様、往復49,000円(燃油サーチャージ込、1年有効、帰国日変更可)で、バリ島入りです。断然お得な料金です。しかし、帰国日変更したところ、手数料と差額運賃の合計25000円程が別途かかりました。なので、帰国日変更予定なしの方におすすです。
購入先のサイト
「海外格安航空券のフレックスインターナショナル」

★格安航空券情報サイト★
①総合旅行情報サイト トラベルコちゃんクリックしてみてね
希望のエアライン、期間など条件をいれて検索すると見やすくなる。何も入れないと、延々チャイナエアライン情報だけとかになってしまうことあります。希望の航空券が見つかれば、電話で詳細確認、予約ができます。

②4travel.jp旅行予約・比較 こちらからです

③W.A.Sワールドエアシステム クリックしよう
出発地など入力して検索。日本からバリ島(デンパサール)までのフライトスケジュールも見る事ができて便利。
 
④スカイゲート 見てみましょ

⑤格安フライト比較Skyscannerウェブサイトすぐれもの。

⑥リクルート検索・比較サイトエイビーロードこちらです

Q.電話で簡単に予約できる旅行代理店はありますか?

JTB首都圏 海外自由旅行電話販売センター
営業時間 月~金曜日:10:00~19:00 / 土日祝:10:00~18:00
休  日 ゴールデンウィーク(5/3~5)・年末年始(12/30-1/3)
ナビダイヤル 0570-055-866(一般回線1分10円/携帯20秒10円
TEL:03-6738-7092 取扱い手数料4,000円+消費税
※格安の大韓航空券など購入可。

ご自身にあったフライトをご準備下さい。あなたの条件・予算にぴったりの留学を応援しています!
なお、記載の料金は目安であり、正しくはご確認頂きます様、お願い致します。
スポンサーサイト

テーマ : バリ島 - ジャンル : 海外情報

<< バリ島へ安く行くなら・・・エアアジアか!? | ホーム | バリ日本元気・文化祭の報告 第3話 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム