プロフィール

Tammy(UZUKI)

Author:Tammy(UZUKI)
エステ留学サポート『タミーズハート』の代表の卯月多美子です。
元セラピストである卯月がバリ島現地で、実際にスクールの視察をし、インドネシア政府認定の優れたスパスクールだけをご紹介。
最新のバリエステ留学情報をお届けします。
癒しのバリ島は、五感で学べる、真のセラピストを目指す最高の舞台!バリに癒されながら、本格エステ技術を学びませんか?
4つのスクールからあなたの目的になったスクールやコースアレンジをご提案します。
留学準備から現地での留学生活まで安心サポート。
日本語で相談・ご連絡どうぞ。日本語できる現地スタッフがお手伝いしています。

≫ バリエステ留学サポート『タミーズハート』HPはこちら

ライン無料通話相談ID:uzukibali
スカイプ無通話相談ID:uzukita
現地電話:0878 6076 8023

カテゴリ

お気軽にメール下さい。

下記フォームへ入力し〔確認〕ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

HPからのお問い合わせ

タミーズハートの無料相談・お問い合わせへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

バリ島入国~空港待ち合わせ場所のご案内

バリ島入国について
簡単な手続きですが、事前に知っておかれますと、安心です。

2017年1月10日現在の情報です。
随時、変更点を修正していますが、情報の相違が発生する場合があるかもしれません。どうぞ、こちらは、参考情報として頂き、最新情報は、各関係機関に直接お問合せ頂きますよう、宜しくお願い致します。

①機内で用紙記入
飛行機の中で「税関申告書」が配布され記入があります。記入例のあるガイドブックを持参されると便利です。ボールペンも忘れずにお持ち下さい。
なお、以前は「出入国カード」記入が必要でしたが、2015年4月より廃止となりました。旧ガイドブックには、出入国カード必要と書いてあるかもしれませんので、混乱がございませんように。

記入例はこちら⇒ ガルーダインドネシア航空サイトをご覧下さい。

②到着ビザの取得

主な入国目的が観光以外になる「短期留学、トレーニング、商談、買付け」の場合、Visa免除不可の規定となっています。
ちなみに、Visa免除になるケースは、入国目的が30日滞在以下の「観光」の場合となっています。

その為、バリ島エステ留学の方は、visa取得が必要です。
バリ島に到着し、飛行機から降りたら、出口(入国)案内に沿って進み、「VISA ON ARRIVAL(到着ビザ)」と大きく書かれた窓口で、入国目的「ショート スパスクール トレーニング」等を伝え、到着ビザ取得費用の$35を支払います。
書類記入の手続きは特にありません、料金を支払うだけ。

なお、ビザ取得は自己申告となっています。
空港職員によっては、「短期留学、トレーニングが、Visa免除に該当しない」という規定を知らないというケースも珍しくありません。

◆こんなケースが何度か出ています。ご注意下さい。
受講生徒様が空港にて「スパスクールで勉強します。$35支払います」
空港係員の回答、「日本人だからVisa必要なし」と言われたとの事。

その為、$35支払わず、visa免除で入国され、スクールで勉強されました。
通常は、特に問題がないかもしれませんが、正しくは、$35払います。

◆こんなケースもありましたご注意ください。
主な入国目的が「商談」の場合もVISA免除に該当しません。
それを知っていた日本人の方は、インドネシア入国の際、ちゃんと$35を支払おうとしたが、「日本人だからvisa免除」と空港職員に言われ、VISAを取得せず入国。しかし、商談していたことがイミグレーションに発覚して、処罰の対象になった。

ポイントは、空港職員のミスではなく、visaなしで入国してしまった本人に責任の非が発生するようです。
極まれなケースとは思われますが、注意喚起事項です。

US$35は、日本(出発の空港など)で両替してご持参がおすすめ。US$以外の支払い(日本円)でも可能ですが、両替レートが悪く、時間がかかるようです。また、数年前の古いUS$は、利用拒否されますので、ご注意下さい。


さらに詳しいVISA取得のブログ記事(60日以下滞在の方対象)
下記をクリックして、ご一読下さい。

インドネシアの「ビザ取得」と「ビザ免除」について


※なお、3ヶ月コース以上の受講で、日本でビザ取得された方は、バリ島空港で$35支払いの必要ございません。すでに、日本でビザ取得費を支払っているためです。稀に、2重払いされるケースがありますので、ご留意くださいませ。

③入国審査へ進む
入国審査(Immigration)のカウンターで、「パスポート」と「$35で購入したビザチケット」を提出。
入国スタンプが押されますので、必ずパスポートの「日付」や「VISA ON ARRIVAL」の表記があるかを空港にいる間に確認下さい。

稀に、間違ったスタンプ押印があります。
$35支払ったのに、「VISA ON ARRIVAL(到着ビザ)」の表記がなく、visa免除のスタンプを押される事例が発生しています。

バリ島滞在が30日を超え、visa延長予定がある方は、特に要確認下さい。VISA延長手続きがスムーズにできなくなります。

又、「日本でVisa取得済の3ヶ月コース以上の方」も要確認!

入国審査の係員が、日本で取得済のVISAに気づかず、Visa免除のスタンプ(観光目的の入国)を押してしまうケースも出ています。
対処法として、パスポートをimmigration(入国審査)カウンターで手渡しする時、①VISA取得済のページを開いて提出、又は、② 「私は、visaを日本で取得しました。」 と一言添えてみて下さい。


④荷物の受取り
搭乗便名が掲示されたターンテーブル(Baggage Claim)から、取ります。
※荷物を勝手に運ぶポーターがいますが、有料です。必要ない場合は、断りましょう


⑤税関申告書の提出
出口へ向かう途中にあり。機内で記入した用紙を提出します。カバンを開けて見せて下さいと言われる事があります。

⑥両替
バリ島のほうが、日本より有利なレートで両替できます。空港出口に、24時間営業の両替店もあるようです。車代やとりあえず使うお金の分だけは、両替しておくといいでしょう。

※空港より、街中のほうがややレート良し。但し、レートが良すぎる表示の両替店に要注意‼、特にお土産店併設の両替所に、ご注意下さい。両替時に、ルピア紙幣を抜取るなどの不正目的の両替店があります。
 

⑦出口へ
ようこそバリ島へ!
待ち合わせポイントは、写真を参照下さい

★国際線の出口前の様子。出迎えの方が沢山来ています。 
ここは、あまりに混みすぎていますので、通り過ぎて下さい。
出口通路道なりに少し進むと、ショップ(小さなDUTYFREE免税店)があり、その中を通り抜けますと完全に出口へとでます。
(商売上手!?免税店の中を通らないと出口に出られません)
20140608_144754.jpg

★出口から、ガラス張りのエレベーターが目に入ります。
DUTYFREEを通りぬけると。
そのすぐ先の、「Flight Information」カウンター付近で、担当ドライバーがお名前の紙を持ってお待ちしています
 
20130930_165529.jpg 

★ミーティングポイント「Flight Information」のカウンター
下記写真のカウンター付近で、お名前の紙を持ったドライバーを見つけて下さい。すぐに、見つからない場合は、そのままお待ち願います。
ドライバーが、日本人の方に気づきますと、お声をかけています。
20130930_165156.jpg 
又、このカウンターでは、呼出しアナウンスも可能(深夜不可)。 

 おすすめ!
ラインやメールで事前連絡も可能。

日本語ドライバーがお迎えの場合、担当ドライバーのメールアドレスとラインIDをお知らせしています。日本出国前やバリ島の空港でスーツケースが出てくる荷物待ちの時など、ローマ字で「Bali ni tuki mashita,Immigration  desu」など、通知や通話も可。
※バリ島の国際線空港内は、フリーWI-FI可。


<お知らせ&留意事項

①国内線利用(ジャカルタ経由)の方は、事前にお知らせ下さい
国際線と国内線では、出口が異なります。


②万が一のために、必ず、連絡先リストをメモして、お持ちください
日本の携帯電話でも、インドネシア国内の電話番号への発信は、通話料が割安のよう。電話が使えるようになっていると安心です。 電話が利用できない場合、メール送受信できるようにしてください。

日本語ドライバーをご利用の方へ

ドライバーの電話番号、メールアドレス、ラインIDをお知らせしています。
当日、急な飛行機の遅延等ありましたら、直接、連絡して頂けます。

また、バリ島、国際線空港内は、フリーWIFIが自動で繋がるようです。可能な方は、イミグレーション行列に並びながら、ドライバーさんにメールやラインで、到着の連絡(ローマ字利用)されますとよりスムーズです。

③ガルーダインドネシア航空をご利用の方へ
詳しくはこちら
機内入国審査プログラムを参照下さい。
注意)2015年より、便利な機内入国審査は一時中止となっています。
 
④ガルーダインドネシア航空サイトより
 クリック⇒知っておくと便利なインドネシア語講座

⑤インドネシア観光情報について
インドネシア共和国観光クリエイティブエコノミー省公式ページ

⑥帰国の案内も事前に確認下さい。
※2015年3月より、帰国の際の空港窓口払いだった「空港利用税 Rp200,000」は、支払い方法が変更となり、航空券購入代金に含まれて支払うことになりました。
「出国の案内」ブログ記事はこちら

空港から、南国バリ島の生活がいよいよスタートです。
お楽しみに

スポンサーサイト

<< スクール訪問 挨拶&マッサージモデル体験 | ホーム | デンパサール日本食「TENSAKI 天咲」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム