プロフィール

Tammy(UZUKI)

Author:Tammy(UZUKI)
エステ留学サポート『タミーズハート』の代表の卯月多美子です。
元セラピストである卯月がバリ島現地で、実際にスクールの視察をし、インドネシア政府認定の優れたスパスクールだけをご紹介。
最新のバリエステ留学情報をお届けします。
癒しのバリ島は、五感で学べる、真のセラピストを目指す最高の舞台!バリに癒されながら、本格エステ技術を学びませんか?
4つのスクールからあなたの目的になったスクールやコースアレンジをご提案します。
留学準備から現地での留学生活まで安心サポート。
日本語で相談・ご連絡どうぞ。日本語できる現地スタッフがお手伝いしています。

≫ バリエステ留学サポート『タミーズハート』HPはこちら

ライン無料通話相談ID:uzukibali
スカイプ無通話相談ID:uzukita
現地電話:0878 6076 8023

カテゴリ

お気軽にメール下さい。

下記フォームへ入力し〔確認〕ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

HPからのお問い合わせ

タミーズハートの無料相談・お問い合わせへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

バリ島から近い「ぺ二ダ島&レンボンガン島」へいかが?

おはようございます!(^∇^)

私は、スパスクールの卒業生徒さんで仲良くなった日本人と一緒に1泊2日の旅行をしました。
美しいエメラルドグリーンの海と南国ならではの花のように鮮やかなサンゴ礁や熱帯魚がいっぱいの「ペ二ダ島」と「レンボンガン島」です。

<ルート>

1日目 8:30サヌール→ペニダ島着(スピードボートで50分)

2日目 10:00ペニダ島→レンボガン島着(ジュングバトゥビーチ)
     16:30レンボガン島(船着場:Jungut Batu)→サヌール
    (スピードボートで所要時間30~40分程)
   
どちらか1つの島だけなら、バリ島から日帰りできる近さなので、スクール休みの週末に楽しむ事ができますね。

今回行ったところは:

スリルある、崖の上から眺める絶景「Broken Beach」
自然にできた天使の水溜りという名前の「Angel's Billabong」
サンゴ礁と熱帯魚がいっぱいのビーチ「Crystal Bay」
ホテル&レストラン併設のビーチ「Dearm Beach」
悪魔の涙と言う名前のド迫力の波を見る「Devil's Tear


<ボートのチケット>
このウェブサイトで探しました。電話で買うことができます。

http://www.mola-molaexpress.balipromotion.net/

(ペニダ島行 モラモラエクスプレス)

あと、ボート乗り場のビーチ入口付近に、Mandiri銀行のATMBOXがあって、そのすぐ横に、ボートのチケット売り場もあります。サヌール→ペニダ島の片道20万ルピア、サヌール→レンボガン島の片道20万ルピアで、往復チケットは40万ルピア(4,000円弱)でした。
 チケット売り場

他には、サヌール街中のコンビニ前や商店街の道路沿いなど至るところにあるツアーインフォメーションでもボートチケットを購入できます。ためしに、サヌールのシンドゥ市場近くで、グッドマッサージ店のななめ向かい側にあったツアーインフォメーションでレンボガン島行のボートチケット料金を尋ねてみました。サヌールエリア内からボート乗り場までのピックアップサービス付きで往復45万ルピア、人数が4人なら一人往復35万ルピア(約3000円)に割引OKと聞きましたが、ボートにより船着場が異なりますので、事前に上陸したい場所の下調べがおすすめ。

<ボート乗り場>
サヌールのバイバス沿いにあるダンキンドーナツ店をビーチ方面へ曲がる。
真っ直ぐ車1、2分程進んだら、上記写真のMandiri銀行看板あたりで車をおります。海が目の前で、左手側に少しすすむと、各ボート会社ごとに、テントが並んであり、椅子もあって座って待つことができます。

◆1日目.ペ二ダ島
私たちのボートはペニダ島のサンパラ港に着きました。
事前に予約していたドライバーさんがもう待ってました。
一日車チャーターでペニダ島観光して、翌日はホテル→サンパラ港まで送ってもらい、七十万ルピア支払いました。

このウェブサイトでドライバーさんを探しました。
https://www.tripadvisor.co.id/Attraction_Review-g2538506-d11717483-Reviews-Transport_Tours_Nusa_Penida-Nusa_Penida_Bali.html

ぺ二ダに一泊『Coco Resort ココリゾート』に泊まりました。
伝統的な建築様式で1階にシングルベット2つ、中2階にシングルベット2つあって、建物が1つ1つ独立して建つバンガロータイプの4人部屋を予約しました。

ステキなプールがあって、夕食後ここで4人で色々おしゃべりが楽しかった。タオル、シャンプー、リンス、石鹸、ドライヤー、WIFIありましたよ。夕食時と翌朝に停電がありました。停電よくあるみたいですから携帯電話の充電は早めがおすすめ。
coco resort 1coco resort
ここには、レストランがあります。
朝ごはんと夜ご飯はホテル内のレストランで美味しく食べました。


最初はBrokenビーチへ行きました。
とてもきれいなところです。その時私たちは三匹マンタがゆうゆうと泳ぐのを見ました。
水の透明感があって真っ青でとてもきれいでした。
Brokenビーチの隣にAngel's Billabong があります。

Broken beach


Angel's Billabong
Angel's Billabongに大きな岩があり、波で自然に削られた天然のプールのような水溜りになっています。ここで、数人の外国人の人たちが泳いでいました。
でも、遊泳禁止の看板があり。時々波が大きいだから危ないです。波にさらわれ亡くなった人がいます。
私たちは、泳がなかったけど、ドライバーさんに手を引いてもらって、波しぶきがかかる所から離れた崖下まで怖いけど降りてみました。ほんとに、天使の涙のような美しさでした。

Anggels Billabong 2

Crystal Bay
次に、Crystal Bayへ行きました。ここで私たちは夕日が沈むまでシュノーケリングをしました。
海の中はサンゴ礁がいっぱいで花が咲いているようにとてもきれいです。カラフルなサンゴと魚がいっぱい。
私は初めてのシュノーケリングをしました。
ドキドキしたけど、楽しかった。

ここでシュノーケリングセットのレンタルができます。
船に乗らなくても、砂浜からほんの少し海に入っただけで、青、黄色、赤、色々な魚を見ることができました。

シュノーケルポイントを数ヶ所回るボートもありました。4人の場合、一人20万ルピア(シュノーケリングの道具付)。二人だともっと高くなるかもしれません。

Cristal beach 2
Cristal beach 1

2日目.レンボンガンへ
ぺ二ダからレンボンガン(Jungut Batu)迄ボートで15分で到着。 料金は、現地交渉で6人乗り小型モーターボートの貸切で35万ルピアを払いました

レンボガン島には、いくつかの船着場があって、私たちが帰りの予約したサヌール行きスピードボートは、レンボンガン島のJungut Batuビーチ発だったので、Jungut Batuまで行きました。

Fune.jpg
そして、心配ないように、帰りのボート「サヌールエクスプレス」のチェックインカウンターのところを探して、リコンファームしました。これで安心して遊べますね。

レンボガン島では、現地交渉で、船でシュノーケリングポイントを回るツアー付の1日車チャーターをしました。たしか、100万ルピア支払いましたよ。
シュノーケルの船は、私たちの他に、数人のお客さんがいて、船がシュノーケルポイントにつくと、自分たちで海に入ります。

もっと料金の高いシュノーケルツアーなら、海の中でもシュノーケルのガイドがついて、より安心になると思います。
FB_IMG_1502764965726.jpgFB_IMG_1503293847847.jpg


それから、Dreamビーチのレストランで少し遅いランチをしました。
ビューは素晴らしいです。海はコバルトブルーで輝いてました。

dream-beach-nusa-lembongan.jpgDream beach
このレストランでは、イタリアン料理を食べました。
ピザとスパゲッティはとてもおいしいですよ~

最後にDevil's Tear へ行きました。
ここでは、迫力ある荒波をみる事ができます。
波が来て水しぶきが飛ぶと時虹が見えました。

Devils tear (2)

ボートは4時30分発だから、少し早めの4時にボートのところに行って、ちゃんと座ることができました。
そしたら、出発ギリギリになって、10人もの団体の外国人が乗ってきて、後ろの席は、ぎゅうぎゅう詰めでしたよ。
サヌールに無事到着、心配した船酔いもなく、うれしいな~

留意事項
天候不順で、ボートが揺れる、ボートが出発しないときもあります。
特に雨季は、スケジュールに余裕をもってお出掛け下さいね。


卯月コメント
とにかくステキな体験満載でまた行きたい~と思う反面が・・・、(>_<)(>_<)という事もありました。
1つは、ペニダ島の悪路。
デコボコ道が半端なく、ドライバーさんの運転の技術がとわれるかと。船着場からホテルまでの道は舗装されていてましたが、ホテルからBrokenビーチへ向かう、約50分の道のりは、舗装されておらず、凸凹があまりにつらく、気持ち悪くなり、車を止めてもらい数分休憩をいれた程でした。どうぞ、体調万全でお出掛け下さいませ(食後も避けたほうがいいかもです)。

かなり楽しみにしていたのは!?
天然のプール「Angel's Billabong」で泳ぐことでしたが、「遊泳禁止」とは知らず・・・(>_<)。私たちの時は、波も穏やか(に見え)、数人の外国人観光客の方が泳いでいて、泳ぐき満々でしたが、同行のドライバーさんに強く止められました。


ちょうど、泳いでいた一人の外国人が、Angel's Billabongの波うち際で手を広げ写真撮影。私たちのドライバーさんが、大声をあげ、小さな小石を投げて、必死にとめてました。穏やかに見えても、突然大きな波がきて、さらわれ亡くなっている人がいるから・・・と。岩場に波があたる波うち際からの眺めが最高なので、ドライバーさんの注意がなければ、同じことしていたかも・・・。くれぐれも安全第一で楽しみましょう。

予想外に感動したのは!Crystal Bay
ここに到着したのが、16:00頃。もう、シュノーケルのボートは夕暮れ前で出せないと。そして、バリ島から持参した自前のシュノーケルセットが大活躍!
膝ぐらいの深さでも、びっくりするような美しいサンゴ礁のじゅうたんが一面広がり、たくさんの熱帯、同じみ「ニモ」や「タツノオトシゴ」もみました。
珊瑚が、花のように、咲き誇っているような見事さで長い間見とれてましたが、足がつく深さなので、安心。マリンシューズを履いていたので、足のケガなく、救命胴衣も着用(バリ島で購入持参)で楽しみました。

たぶん、用具はすべて、現地ビーチでレンタル出来るかと思います。足ひれ、シュノーケル1セット5万~10万ルピア。ですが、今回わざわざ購入持参したのはわけがあります。レンタルの場合、シュノーケルの歯でかむシリコン部分が取れかかっている事があり、口に塩水がはいり、ゆっくり楽しめないのを避けるため(前回の教訓より(^^; )。ですので、よく確認して、良さそうなのを選んでくださいね


レンボガン島の感想
ドリームランドのレストランのイタリアン(ピザとパスタ)が予想外に⁉とっても美味しくいただきました。期待せず、そして14時を回った遅めランチでペコペコだったからかもしれっませんが、また食べに行きたいです。しかも、目の前に広がる海、ドリームビーチが本当に美しく、ここで泳ぎたかった!

レンボガン島では、ボートに乗ってシュノーケルをしましたが、貸切でなく10人位が一緒で、船を運転する人一人だけ、海のガイドさんなしの安いツアーのせいか?珊瑚も魚もペニダの半分?ちょっと感動薄かった。一緒に海に入るプライベートガイドさん付なら、ベストポイントへ案内してもらえるかもですね。


ペニダ島は、まだまだ手つかずの自然がいっぱいですが、車やガイドさんの確保がおすすめ。バイクのレンタルという方法もありますが、悪路で、バリ島ほど英語も通じないので、インドネシア語の交渉も出てきそう。
それに比べ、レンボガン島は、ボートの往来も多く、より多くの外国人がお訪れ、レストランやカフェも十分にあって、バリ島とはまた違う、こじんまりのどかな田舎の雰囲気が心を和ませてくれると思います。

短い滞在でしたが、海の美しさ、海の広がり、雄大さをバリ島にいるときより感じました。
ぜひ、皆様にも訪れてほしい冒険できる場所と思います(^o^)。

お一人お一人、皆様に最高のバリ島滞在でありますように




スポンサーサイト

<< 1日~3日間 短期バリエステ受講プログラム | ホーム | バリ島高校訪問&絶景の滝で水浴び >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム